【人とくるまのテクノロジー16】日本特殊陶業、ターボ用高着火プラグなどを展示

業界 レスポンス

日本特殊陶業は、5月25日から27日までパシフィコ横浜で、6月29日から7月1日までポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016」に出展する。

今年、創立80周年を迎える日本特殊陶業ブースでは、燃費向上やエミッション低減をはじめ、さまざまな形でクルマ社会に貢献する製品を展示する。

スパークプラグ関連では、ガソリンエンジンのトレンドであるダウンサイジング高過給ターボに対応した「ターボ用高着火プラグ」を展示。優れた耐消耗性に加え消炎作用を抑制し、着火性を向上させたタイプを出展する。

センサ関連では、「全領域空燃比センサ」「NOxセンサ」など各国の環境規制強化に対応する自動車用センサに加え、走行時における排気ガス中の有毒物質濃度をリアルタイムに計測できる「コンパクトマルチガス計測器」を出展する。

そのほか、燃料電池自動車の安全確保に寄与する「水素漏れ検知センサ」や、コア技術であるセラミックスを活かした車載デバイス用半導体パッケージ、ベアリングボールなど、幅広い分野でクルマ社会に貢献する製品を出展する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日本特殊陶業 ブースイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ