ソニー、米国の人工知能のスタートアップ企業に資本参加

業界 レスポンス

ソニーは、米国子会社ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカを通じ、人工知能(AI)に特化したスタートアップである米国コジタイに資本参加すると発表した。

コジタイと、ディープ・リインフォースメント・ラーニング(深層強化学習)技術に予測・検知技術を応用して、次世代の人工知能に関するアプリケーションや製品群の基礎となる、新たな人工知能技術を共同開発する。

コジタイは、2015年9月に強化学習の先駆者であるマーク・リング氏と、テキサス大学オースティン校で強化学習を含む人工知能や複数エージェントシステム、ロボット研究を推進する教授ピーター・ストーン氏に、ミシガン大学教授で深層強化学習の先導者であるサティンダー・シン・バベイジャ氏の3人が設立した。実世界とインタラクションをしながら継続的に学習する人工知能開発を目指している。

この人工知能は、日々の様々な場面でセンサーから得られたデータと、それに基づき起こしたアクションによる経験から学習し、継続的に知識と能力を向上させ、賢くなっていくもの。

リインフォースメント・ラーニング(強化学習)は、行動心理学の成果を組み込み、機械の行動の結果に応じて報酬やペナルティを与えることで、より人間の知的な行動に近いシステム開発を可能とした。この強化学習と深層学習を組み合わせたディープ・リインフォースメント・ラーニング(深層強化学習)は、人が判断に関与せずに機械が最善の方法を選択するのに有望な技術として期待されている。実際、この方式の有効性が、最近のグーグル・ディープマインドによるアルファ碁で実証された。

ソニーとコジタイは、新たな人工知能により、機械は実世界での経験から自律的に知識やスキルを学習し、さらにそれらの知識・技能・理解を他の機械とも分かち合い、発展させることができるAIの開発を目指す。

  • レスポンス編集部
  • グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
  • ボルボの自動運転実験(参考画像)
  • グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ