「食と冒険に符合性あり」ルノーがアペリティフ365in東京に キャプチャー を展示する理由

業界 レスポンス

東京代官山にある代官山 HILLSIDE TERRACE(東京都渋谷区)で5月20日から22日にかけて、フランスの食文化を紹介するイベント“アペリティフ365in東京”が開催。会場にはルノー『キャプチャー』が展示される。

自分たちのライフスタイルを大切にするフランス人。その重要な習慣のひとつがアペリティフタイムだという。これは、食前のひと時を、飲み物やおつまみで友人たちとのおしゃべりに興じるゆとりある時間だ。その習慣の定着化を目指し開催しているのがこのイベント。会場ではアミューズ・ブーシュ(ひと口サイズのおつまみ)や、ワイン、ペタンク体験ブースなどが設置され、フランスの食文化やライフスタイルを体験することができる。

ルノー・ジャポンが会場の展示車両にキャプチャーを選択した理由について、同社マーケティング部広報グループマネージャーの佐藤渉さんは、「『ルーテシア』も考えたが、そのコンセプトを考えるとキャプチャーがふさわしいと考えた」と述べる。

2010年にルノーのチーフデザイナー、ローレンス・ヴァン・デン・アッカーが掲げたデザインフィロソフィー、“The Cycle of Life”をもとに人生を6つに分け、それぞれのライフステージにふさわしいクルマを提案しようコンセプトだ。。最初は“LOVE、恋に落ちる”をテーマにデザインされ、そのコンセプトカーが『デジール』だ。そしてその精神を受け継いだ生産車が『ルーテシア』となる。

今回展示された『キャプチャー』はその第2弾で、恋に落ちた二人は”冒険の旅に出る”というもの。そのためのクロスオーバーなのだ。

佐藤さんは、「フランスにはミシュランがあるように、わざわざ食事をするために何百キロもドライブをする。そのくらい“食”に重きを置いているのだ」という。そして、キャプチャーは「冒険に出よう、外へ飛び出そうというクルマなので、まさにこの“フランスの食文化”と符合しているのだ」と説明。

一方、ルーテシアのテーマはLOVEなので、「全体のストーリーが違ってしまう。キャプチャーの方がフランスの食を語るうえでは合っている」と選択した理由を語った。

  • 内田俊一
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
  • アペリティフ365in東京《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ