フィアット 500 、全世界で8万台をリコール…クラッチに不具合

業界 レスポンス

イタリアのフィアットの主力コンパクトカー、『500』。同車が、全世界でおよそ8万台のリコール(回収・無償修理)を行う。

これは5月18日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USが明らかにしたもの。フィアット500に関して届け出たリコールの内容を公表している。

今回のリコールは、MT車のクラッチの不具合が原因。FCA USによると、フィアット500のMT車のクラッチが部品の損傷により、シフトチェンジしづらくなる可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2012-2016年モデルのガソリン自然吸気エンジン搭載車。米国では3万9217台、カナダでは7834台、メキシコでは7155台、NAFTA地域外では2万6268台の合計8万0474台が、リコールに該当する。

FCA USでは、対象車を保有する顧客に通知。販売店で、クラッチのリリースシステムを改良するリコール作業に着手する予定。

  • 森脇稔
  • フィアット 500 改良新型
  • フィアット 500 改良新型
  • フィアット 500 改良新型
  • フィアット 500 改良新型
  • フィアット 500 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ