VWとドイツ労働組合、4.8%の賃上げで合意

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは5月20日、ドイツ国内最大の労働組合との間で、4.8%の賃上げで合意した、と発表した。

ドイツ国内最大の労働組合が、「IG Metall」。フォルクスワーゲンは同労働組合との間で、4.8%の賃上げで合意。

賃上げは、2段階で行われる。2016年9月1日、まずは2.8%を賃上げ。その後、2017年8月1日に、2.0%の賃上げを実施する予定。

その一方、フォルクスワーゲンとIG Metallは、早期退職者の募集を拡大することでも合意。今回は、1961-1967年生まれの従業員を対象とする。

フォルクスワーゲン乗用車ブランドのマーティン・ロシック人事担当責任者は、「この賃上げ合意は、自動車産業の経済情勢を考慮し、決定した」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのドイツ本社《資料画像》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ