【人とくるまのテクノロジー16】住友理工、オールゴムセンサを内蔵したドライバーモニタリングシステムなどを紹介

業界 レスポンス

住友理工は、5月25日から27日までパシフィコ横浜・展示ホールで開かれる自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016横浜」に、住友電気工業、住友電装と3社共同ブースに出展する。

今回は、最適化設計により軽量化に成功した自動車用防振ゴムをはじめ、モジュール化された自動車用ホースや、制遮音性能に加え、衝突時の衝撃軽減にも貢献するソフトエンジンカバーを展示。

また、独自開発のオールゴムセンサ「SRセンサ」を内蔵し、着座するだけでドライバーの押圧・接触・心拍の検知を目指すドライバーモニタリングシステムのデモ機を紹介する。

伸ばしても導電性を維持する独自開発の柔軟導電ゴム材料を応用、圧力を検知する「SRセンサ」を開発した。この薄型のSRセンサを自動車用シートに内蔵し、ドライバーが違和感を覚えることなく着座圧や心拍計測の実現を目指す。

「SRセンサ」を内蔵したシートは、押圧・接触・心拍の検知を通じて、シートの自動調整や、居眠り運転への警告、急病状態の検出などでドライバーの運転をサポートする。

  • レスポンス編集部
  • ブースのイメージ《画像 住友理工》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ