【人とくるまのテクノロジー16】日産、リーフの電動パワートレインなどを紹介

業界 レスポンス

日産自動車は、5月25日から27日までパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016」に出展、同社が目指すゼロエミッションや死亡・重傷者数ゼロの実現に向けた最新の「電動化」「知能化」の取り組みを紹介する。

日産ブースでは電動化の取り組みとして、大容量30kWhバッテリーや1/500秒のモーター制御で振動を抑え、スポーツカー並の加速感を実現した電動パワートレインなど、『リーフ』に搭載している最新技術をスマートフォンやパネル、部品展示で紹介。また、体積あたりの容量を向上させた高エネルギー密度バッテリ(試作品)を参考出品する。知能化の取り組みとしては、リーフをベースとした自動運転実験車両「ニッサン インテリジェント ドライビング プロトタイプカー」の展示や日産の先進安全装備を紹介する。

また特別企画展示会場では、世の中をワクワク、ドキドキさせた今昔技術として、日産ヘリテージカーコレクションより終戦直後の石油不足の時代に主にタクシーとして活躍した「たま電気自動車」や日本に「ターボ時代」の幕開けをもたらした「セドリック ターボ ブロアム」を展示。さらに試乗コーナーでは、リーフ、『e-NV200』および『エクストレイルハイブリッド』の体験試乗を行うほか、超小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」の公道試乗を実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産自動車 ブースイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ