ZMP、実車とドライブシミュレーターを組み合わせた実験走行サービスを開始

業界 レスポンス

ZMPは、実車とドライブシミュレータを組み合わせた実車実験走行サービス「RoboTest VR+」の提供を5月24日より開始した。

ZMPではドライバーによる公道やテストコースでの実車実験走行を行う「RoboTest」を提供してきたが、自動車メーカーなど利用者から危険環境下でのデータ収集の相談が増加。今回、フォーラムエイト社のドライブシュミレータ技術を利用して、危険環境下での走行や、ドライバー疲労時の走行テストも可能にするRoboTest VR+の提供を開始した。

RoboTest VR+では、ドライバー飲酒時の運転や居眠り、身体疲労時、長時間走行等、公道では実施困難な走行テストがシュミレータにて実現できる。また、実際の公道コースをシュミレータで再現可能で、実車による昼間走行とシュミレータによる夜間ドライバー飲酒時の走行比較実験を行うこともできる。そのほか、ドライビングシュミレータでは、視認性が悪い環境など、特殊環境を作り出してテストでき、天候や道路事情に左右されず走行テストをスケジュール通りに実施することができる。

価格はドライバー5名・10日間の走行テストで600万円(税別)より。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 左:RoboTestで利用する計測車両の例/右:フォーラムエイトのドライブシミュレータ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ