「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

業界 レスポンス

国土交通省東京国道事務所は24日、日本最大の長距離バスターミナル「バスタ新宿」での購買施設設置の公募を開始した。

バスタ新宿は4月4日にサービスを開始した。開業から1か月の利用者は延べ約58万人。1日約2万人が利用し、成田国際空港の国内線利用客に匹敵する。今年8月のピーク時には1日約4万人の利用を見込む。しかし、この巨大ターミナルには、飲料水が買える自動販売機しかない。取材でもこんな不満の声が聞こえた。

「新宿高速バスターミナル(西新宿)があった時は、すぐ近くにコンビニやマクドナルド、ヨドバシカメラがあって、おなかがすいた時も携帯の電気が足りないときも、バスに乗り込む前にすぐ買えた。バスタは駅にも近くて、施設もきれいですごくいいけど、コンビニもないから不便」(20代女性)

隣の商業ビル「ニュウマン(NEWoMan)」にはアパレル・ブランドなどといっしょにカフェや惣菜ショップ、果てはクリニックや調剤薬局もある。しかし、20時〜深夜にかけての乗車ピークや早朝5時過ぎの降車ピークに営業している店舗はほとんどない。

「コンビニのような売店がないという声は、たくさん寄せられている。さらに利用しやすい環境にするため、 乗車券販売と待合スペースに隣接し、現在はコインロッカーとなっている約70平方メートルの場所を施設として公募するにした」(同事務所計画課)

ただ選定が進んでも「水回りやエアコンなど施設改良が必要。完成めどは来春」と、公募してもすぐにできない事情もある。そのため「暫定的なものも視野に入れて、利便性を高めたい」(前同)と、売店とは別に2か所(20・2p平方メートル)でも検討する。

公募の詳細は、国土交通省東京国道事務所のホームページに。まずは、出店希望事業者の運営計画や公共貢献に関する提案を求める。

  • 中島みなみ
  • 日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」《撮影 中島みなみ》
  • 4階のバスターミナル部分を上から望む「バスタ新宿」《撮影 中島みなみ》
  • 4月にオープンした日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」《撮影 中島みなみ》
  • 日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」《撮影 中島みなみ》
  • 4階のバスターミナル部分を上から望む「バスタ新宿」《撮影 中島みなみ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ