ヒュンダイ、インド進出20周年…記念式典を開催

業界 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーター・インディア・リミテッドは5月10日、インド進出20周年の記念式典を開催した。

ヒュンダイは1996年5月6日、インド現地法人を設立。1998年9月、韓国以外で初の車両組み立て工場を、インド・チェンナイ近郊で稼働させた。

現在、ヒュンダイは、インド乗用車市場において、第2位のポジション。首位のマルチスズキとの差は大きいが、販売増を目指している。

ヒュンダイは、インドの工場への投資を継続。設備を更新し、生産能力を増強してきた。現在の投資額は、31億ドルに達する。

記念式典において、ヒュンダイモーター・インディア・リミテッドのCEO、YK Koo氏は、「これは非常に重要なマイルストーン。20年前、インド自動車産業を変革する夢を掲げ、インド市場に参入した」と述べている。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイのインド進出20周年記念式典
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ