【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

新車 レスポンス

ホンダは5月26日、上級セダンの『アコードハイブリッド』を一部改良して同日に発売すると発表した。アコードの国内向けは、2モーター式によるこのハイブリッド車(HV)のみであり、月間250台の販売を計画している。

モーターやバッテリーの高性能化や小型軽量化などを図ったほか、エンジン(2リットル)も改良して「低燃費とハイパワーの両立を実現した」(開発責任者の二宮亘治・本田技術研究所主任研究員)。燃費は最も良いタイプで31.6km/リットルと、従来の30.0km/リットルから5%強引き上げた。

低温時の短距離走行での実用燃費を改善するため、ヒーター用の排熱回収システムも新採用した。安全技術では自動ブレーキなどの「ホンダセンシング」のほか、世界初の技術となる「信号情報活用運転支援システム」も搭載した。これは路車間通信を活用したもので、安全運転や実用燃費改善をサポートする。

アコードは1976年の初代登場から今年で40周年。二宮氏は「40年目の進化として静粛性能なども含む全領域で大幅改良を図った」と強調する。また、アコードのHVは米国でも生産していたが、今回のモデルから狭山工場(埼玉県狭山市)での集中生産に切り替えた。

  • 池原照雄
  • 本田技術研究所 二宮亘治主任研究員《撮影 池原照雄》
  • アコードハイブリッドと二宮亘治・主任研究員《撮影 池原照雄》
  • 本田技術研究所 二宮亘治主任研究員《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ