ジェイテクト、低トルク化・耐摩耗性能を向上したホイール用ボールハブユニットを開発

業界 レスポンス

ジェイテクトは、軽自動車からSUVまでの幅広い車種向けに、従来よりも大幅な低トルク化を実現し燃費向上に貢献するとともに、寒冷地での車両輸送時の耐摩耗性能を大幅に向上したホイール用ボールハブユニット(HUB)を開発した。

新開発ハブユニットは、シール部に、独自開発の低粘度グリースを採用したほか、構成成分を最適化することで低トルク化を実現した。シール形状はダブルアキシャルシールを採用し、シール性と低トルク性の両立を図った。これらによって従来品と比べてトルク50%減を実現し、車両の4輪すべてに用いることで自動車の燃費を0.5%向上する。

また、軸受部グリースに低温環境に適した添加剤を使用したため、寒冷地での車両輸送時の耐摩耗性能を向上する。

量産開始は2017年1月から。ジェイテクトグループでは、日系自動車メーカーを中心にグローバルに新商品の拡販する。2020年に年間120億円の売上げを目指す。

  • レスポンス編集部
  • ジェイテクト ウェブサイト
  • 低トルク・高耐摩耗性ボールハブユニット《画像 ジェイテクト》
  • ジェイテクト ウェブサイト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ