リンカーンのSUV、米国でリコール…中国仕様車の部品を誤装着

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、フォードモーターの高級車ブランド、リンカーン。同ブランドのSUVが米国で、珍しいミスによるリコール(回収・無償修理)を行う。

これは5月25日、フォードモーターが明らかにしたもの。米国市場において、リンカーン『MKX』の一部2016年モデルのリコールを行うと発表している。

今回のリコールは、製造過程における2列目シート背部カバーの取り付けミスが原因。フォードモーターによると、本来は中国仕様車用のシートカバーが、米国仕様車の2列目シートの片側に装着されたという。

その結果、チャイルドシート固定用のテザーアンカーが、シートカバーに覆われてしまう事態に。

リコールの対象となるのは、MKXの2016年モデルの一部。2015年9月24-25日にかけて、米国のオークビル組み立て工場で生産され、米国で販売された5台が該当する。

リンカーンは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、シートカバーを交換するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • 新型 リンカーン MKX
  • 新型 リンカーン MKX
  • 新型 リンカーン MKX
  • 新型 リンカーン MKX
  • 新型 リンカーン MKX
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ