ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

業界 レスポンス

ウェザーニューズは、今年の梅雨の天気傾向を発表した。

梅雨時期の総雨量は、北〜東日本が平年並の予想で、暖かく湿った空気が流れ込む西日本が平年より多い見込み。

九州では例年より大雨になる恐れがあり、熊本や大分では地盤がゆるんでいるため地震の被災地では厳重な警戒が必要としている。特に、7月に入ると活発な梅雨前線の影響で大雨の日が増えるため、河川の増水、道路冠水、家屋の浸水、土砂災害に注意するよう呼びかけている。

今年の梅雨入り・梅雨明けは、沖縄・九州南部・東北北部を除く広い範囲で平年並の予想。沖縄では、梅雨入りが平年より遅く、梅雨明けが平年より早まることから、沖縄の梅雨期間は平年より2週間程度短くなりそうだ。

東北北部では、梅雨入りは平年並の予想だが、梅雨前線が東北北部で停滞するため、梅雨明けが遅れ、平年より2週間程度長い梅雨になる予想。

関東は平年並の梅雨となる予想で、6月上旬には梅雨入りし、7月下旬に梅雨明けを迎える見込み。

  • レスポンス編集部
  • 梅雨の天気図《画像 ウェザーニューズ》
  • 梅雨期間の傾向《画像 ウェザーニューズ》
  • 梅雨の雨量傾向《画像 ウェザーニューズ》
  • 梅雨の天気図《画像 ウェザーニューズ》
  • 梅雨期間の傾向《画像 ウェザーニューズ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ