【ロールスロイス レイス ブラックバッジ】“カーボン好き”な日本市場から着想

新車 レスポンス

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、2015年3785台を全世界で販売。そのうち156台が日本で販売された。中国を除くアジア太平洋地域で日本は最も大切なマーケットだという。

同社アジア太平洋支社アジア太平洋ゼネラル・マネージャーのマイケル・シュナイダー氏は、「販売量だけではなく、トレンドを作るという面でも日本は注目だ。日本のユーザーはとてもモダンで、ファッショナブルだと思う」とコメント。

このトレンドについてシュナイダー氏は、「レイスブラックバッジのインテリアなどで採用しているカーボンとアルミ素材の組み合わせは、ビスポークプログラムで、日本のユーザーから既にオーダーされていた組み合わせだ」という。もちろんまったく同様の配置などではないものの、「そういったアイディアを組み合わせ、グローバルな視点で我々のデザイナーがインスピレーションを得ながらブラックバッジという形に反映させた」と述べる。

そして、「特に日本ではカーボンに対する要望が高かった」とシュナイダー氏。「年初に発表した『レイス ウンブラ』は、ダッシュパネルにフルカーボンを採用したこともあり、大変人気を博した」と語った。

  • 内田俊一
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールス・ロイス・モーター・カーズアジア太平洋支社アジア太平洋ゼネラル・マネージャーのマイケル・シュナイダー氏(右)とアジア太平洋プロダクトアンドオペレーションズマネージャーのスヴェン・グルンヴァルト氏(左)《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス レイス ブラックバッジ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ