【ニュル24時間 2016】9号車メルセデスAMGがポールポジション、日本勢もクラス優勝ねらう

モータースポーツ レスポンス

2016年のニュルブルクリンク24時間レースが26日に開幕。No.9ブラックファルコンのメルセデス-AMG GT3がポールポジションを獲得した。

現地時間の26日から27日にかけて2回の公式予選と上位30台だけで争われるトップ30予選で決勝グリッドが決められた。

予選1回目では、いきなり雨が降り出すなど波乱に見舞われたが、コンディションが回復した予選2回目でタイムを更新していった。その中でもFIA-GT3マシンが集うSP9クラスは、今季デビューした各メーカーの新型マシンが集結。ここ数年で新しい「FIA-GT3の戦い場」となってきたニュル24時間に、例年にない注目が集まっている。

予選2回目を終了した時点ではメルセデスのメルセデス-AMG GT3がトップ3を独占。そして上位30台のみで争われる「トップ30予選」ではNo.9ブラックファルコンのメルセデス-AMG GT3が8分14秒515でポールポジションを獲得した。2番手にはNo.18シューベルトモータースポーツのBMW M6 GT3が入り、好調メルセデス勢の間に割って入った。3番手にはNo.88ハリボーレーシングのメルセデス-AMG GT3が続いた。

日本勢ではミハエル・クルム/ルーカス・オルドネス/星野一樹/アレックス・バンコム組のNo.35GTアカデミーチームRJNが総合24番手につけた。

2年連続のクラス優勝を目指すNo.106スバルWRX STIはライバルのアウディTTに一歩及ばずSP3Tクラス2位(総合56位)。シェイクダウンテストでクラッシュするなど苦しいスタートとなったが、マシンを修復し満を持してニュルブルクリンクへ。まずは予選で好位置につけた。

TOYOTA GAZOO RACINGは今回3台体制でエントリー。No.36レクサスRC Fは総合38番手。今回はSP-PROクラスが1台だけなため、総合順位でどこまで上位に食い込めるかに注目だ。No.188レクサスRCはSP3Tクラス4位で総合81番手。No.326トヨタCH-R RacingはSP2Tクラス5位で総合148番手となった。

注目の決勝レースは日本時間の28日22時30分からスタートする。

  • 吉田 知弘
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 アウディ》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 BMW》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 BMW》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 アウディ》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 アウディ》
  • トヨタ C-HR レーシング
  • ニュル24時間に参戦する「LEXUS RC」。写真:TOYOTA(2016年2月の今季モータースポーツ活動発表会にて)
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 BMW》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 アウディ》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 BMW》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 BMW》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 アウディ》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2016《写真 アウディ》
  • トヨタ C-HR レーシング
  • ニュル24時間に参戦する「LEXUS RC」。写真:TOYOTA(2016年2月の今季モータースポーツ活動発表会にて)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ