トヨタの新型ミニバン、インドネシアでスクープ…新興国向け

新車 レスポンス

トヨタ自動車が、新興国市場に向けて開発中と見られる新型ミニバン。同車の姿が、海外の自動車メディアによってスクープされた。

これは5月24日、ドイツの有力自動車メディア、『autobild』のインドネシア版が伝えたもの。同メディアが、公式発表前のトヨタの新型ミニバンのスクープ撮影に成功。読者に向けて、その画像を公開している。

同メディアによると、トヨタの新型ミニバンは『CALYA』を名乗り、3列シート7名乗りの小型ミニバンになるという。また、インドネシアのエコカー政策を視野に入れ、パワートレインには、1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載すると見られる。

なお、このCALYA、ダイハツが2014年9月、ジャカルタモーターショー14で初公開したコンセプトカー、『UFC-3』の市販版との情報もある。

同メディアがスクープしたのは、CALYAのフロントマスク。開口部の大きなバンパーや特徴的なデザインのヘッドライトなど、ダイハツUFC-3との共通点が見て取れる。

  • 森脇稔
  • ダイハツ UFC-3(ジャカルタモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》
  • ダイハツ UFC-3(ジャカルタモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》
  • トヨタの新型ミニバン、CALYAをスクープしたインドネシア版『autobild』
  • ダイハツ UFC-3(ジャカルタモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》
  • ダイハツ UFC-3(ジャカルタモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》
  • ダイハツ UFC-3(ジャカルタモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》
  • トヨタの新型ミニバン、CALYAをスクープしたインドネシア版『autobild』
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ