トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

業界 レスポンス

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は5月25日、2015年モデルの『ヤリス ハッチバック』(日本名:『ヴィッツ』)のリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、足回りの不具合が原因。米国トヨタ販売によると、前輪のサスペンションのアッパーベアリングが損傷している可能性があり、荒れた路面を走行中、ステアリングを切ると異音が発生する恐れがあるという。

また、この状態で走行を続けた場合、前輪のショックアブソーバーのピストンロッドが脱落し、車両の走行安定性が失われ、事故のリスクが増すとしている。

リコールの対象となるのは、2015年モデルの一部。米国で販売されたおよそ3100台が、リコールに該当する。

米国トヨタ販売は、対象車を保有する顧客に通知。販売店において点検を行い、部品を交換するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • トヨタ ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2015年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ