【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

モータースポーツ レスポンス

5月28‐29日、ドイツで決勝レースが行われた「第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」。昨年の覇者、アウディ『R8 LMS』は、今年は最上位車が8位という結果に終わっている。

R8 LMSは、アウディ『R8』ベースのレーシングカー。同車は2009年から2011年にかけて、3年連続でGT3クラスの優勝ならびに総合での表彰台を獲得。そして2012年と2014年には、フェニックスレーシングが総合優勝を飾った。そして2015年は、アウディスポーツチームWRTが総合優勝を収め、高い実力をアピールしてきた。

アウディは2016年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに、合計9台のR8 LMSを投入。この台数は、R8 LMSにとって、過去最多。さらに、実に12人が過去に優勝を経験したドライバーと、最高の布陣でニュルに臨んだ。

しかし、2016年のレースは、『メルセデスAMG GT3』が、1‐4位を独占する圧倒的強さを発揮。アウディR8 LMSは、ベルギーのアウディクラブチームWRTが、最上位の8位に食い込んだにとどまる。

アウディは、「今年の結果には失望」とコメント。アウディスポーツ カスタマーレーシングのクリス レインケ代表は、「再び勝利を目指したが、今年は叶わなかった。性能のバランスも原因のひとつだろう」と語っている。

  • 森脇稔
  • アウディ R8 LMS
  • アウディ R8 LMS
  • アウディ R8 LMS
  • アウディ R8 LMS
  • アウディ R8 LMS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ