スズキ バレーノ、インドでリコール7.5万台…エアバッグに不具合

業界 レスポンス

スズキの新型コンパクトカー、『バレーノ』。同車が日本に続いて、インド市場においてもリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは5月27日、スズキのインド子会社、マルチスズキが明らかにしたもの。同社は、「インドで販売したおよそ7万5000台のバレーノをリコールする」と発表している。

このリコールは、エアバッグコントローラの制御プログラムが不適切なことが要因。イグニッションスイッチをオフにした後、特定のタイミングで再度オンにした場合、制御プログラムが消去されてしまう場合がある。

そのため、エアバッグ警告灯が点灯し、衝突時にエアバッグが展開しない恐れがあるという内容。

インドでは、7万5419台のバレーノが、リコールの対象に。マルチスズキは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、エアバッグコントローラの制御プログラムを書き換えるリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
  • スズキ バレーノ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ