16年度の国内需要は500万台割れも…消費税率引き上げ先送りで

業界 レスポンス

2017年4月に予定されていた消費税率の引き上げが19年10月まで再度先送りされることで、17年度の国内新車需要にも影響が不可避となってきた。日本自動車工業会は、消費税増税を前提に16年度の需要を約526万台と予測しているが、500万台を割り込む可能性もある。

自工会は3月に16年度の国内需要について525万8400台(前年度比6.5%増)との見通しを策定している。この数値には17年4月の消費税増税に伴う「駆け込み需要の発生」(池史彦・前自工会会長)を織り込んでいる。

想定した駆け込み需要の規模は示していないが、池前会長は同需要がない場合の総市場は「15年度並みくらい」との見通しを述べていた。15年度は約494万台(前年度比6.8%減)と東日本大震災の影響が出た11年度以来、4年ぶりに500万台を割り込んでいる。今年度の新車需要は引き続き低いレベルが続きそうだ。

一方で、消費税率10%時に撤廃される予定だった自動車取得税(車両によって税率2〜3%)は17年度以降も存続することになる。自動車業界には、自動車諸税のユーザー負担軽減に向けた取り組み強化が課題となる。

  • 池原照雄
  • ホンダ N-BOX
  • トヨタ プリウス
  • ホンダ N-BOX
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ