マツダ アクセラ、累計生産500万台を達成…12年10か月は同社最短記録

業界 レスポンス

マツダは、4月末時点で『アクセラ(海外名:Mazda3)』の世界累計生産台数が500万台に到達したことを発表した。

マツダ車が500万台を達成するのは、『ファミリア』に続いて2車種目。また、2003年6月の生産開始から12年10か月での累計生産500万台達成は、マツダ車として最短記録となる。

アクセラはマツダの年間販売台数の約3割を占める基幹モデル。防府工場(山口県防府市)をはじめ、長安マツダ汽車(中国)、オートアライアンス(タイ)、マツダデメヒコビークルオペレーション(メキシコ)で生産を行うとともに、マレーシアとベトナムで現地組立を行っている。

現行モデルのアクセラは、2013年のフルモデルチェンジにより「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が全面的に採用された新世代商品。2014年には「レッド・ドット・デザイン」賞を受賞したほか、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」および「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」のトップ3ファイナリストに選出されるなど、グローバルで高い評価を得ている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ アクセラ《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ アクセラ《撮影 平野敬久》
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ アクセラ《撮影 平野敬久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ