パナソニック、車載用導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサを製品化

業界 レスポンス

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は5月31日、ECU(電子制御ユニット)の電源回路に適した、小形ながら大容量化と大電流化を実現した車載用導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ「ZKシリーズ」を製品化したと発表した。

環境対応車の燃費改善や環境規制への対応を背景に、ECUの搭載数増加やエンジンへの直接搭載、機電一体化が求められており、ECUの電源回路の電源電圧安定化やノイズ除去などを目的に搭載されるコンデンサには、小形化、大容量化、大電流化が要求されている。

新製品は、電極箔の高容量化技術や電解液と導電性高分子の高耐熱化技術を進化させ、小形ながら大容量化、大電流化を実現。従来と同サイズで比較した場合、静電容量は最大約1.5倍、リプル電流値は20〜40%アップの大電流化を達成し、ECUの小型化やエンジンへの直接搭載、モータ駆動時の瞬時大電流供給に貢献する。

また、従来、大電流対応のコンデンサはECUの製造工程において、別工程での実装が必要だったが、新製品は面実装タイプで基板への自動実装が可能となり、工程の合理化にも貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • パナソニック 車載用導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKシリーズ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ