法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

業界 レスポンス

スズキは5月31日、排出ガス・燃費試験で違法な方法を用いて算出された届出値と、改めて同社が適法な方法「惰行法」を用いて計測した燃費値を公表した。

公表したのは、現行生産車の16車種のうち適法だった車種を除く13車種と、同日公表した生産終了車1車種の14車種。そのすべてで、届出値を上回る結果かほぼ同等の結果となっている。他社に供給した車両12車種は公表していない。

同社が確認した結果がカタログ値を上回る上位車種は、『アルトエコ』(2011マイナー2WD CVT)ではカタログ値より105.3%、『ハスラー』(2WD CVT S-エネチャージ)で103.1%、『ワゴンR』(2WD CVT S-エネチャージ)が103.0%など。14車種平均では101.6%と1.6%上回る結果だった。

違法な方法を用いたことについて、鈴木俊宏社長は「惰行時間をつじつまが合うように記録することにより、惰行法で測定したものとして提出していた」さらに「技術者は惰行法による検証も行っており、そんなにずれがない、使えるということで違法性が希薄になっていた」と謝罪した。

ただ「社内調査による関係資料の確認や関係者の聞き取り調査により、燃費を不正に操作しようとした意図はなかったことを確認している」と、述べた。

国土交通省は同社のこれら報告を受け、改めて検証が必要かどうかを判断する。

  • 中島みなみ
  • 車種ごとの燃費最良車における燃費値のスズキ社内の確認結果 販売終了したアルトエコを含む現行販売車種すべて(OEMを除く)《提供 スズキ》
  • スズキの鈴木俊宏社長《撮影 山田清志》
  • スズキ アルトエコ
  • 車種ごとの燃費最良車における燃費値のスズキ社内の確認結果 販売終了したアルトエコを含む現行販売車種すべて(OEMを除く)《提供 スズキ》
  • スズキの鈴木俊宏社長《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ