爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

業界 レスポンス

アイシン精機グループのアドヴィックスの刈谷工場(愛知県刈谷市)において、5月30日正午ごろに発生した爆発事故。同工場が5月31日、一部で生産を再開した。

生産を再開したのは、爆発事故が起きたブレーキ部品の塗装ライン以外の製造ライン。工場1階のラインはすでに生産を再開しており、工場2階のラインについても、一部を除いて5月31日8時ごろから、順次生産を再開している。

これは、アドヴィックスの復旧方針に沿った形。被害があった塗装ラインは、全量代替生産を行い、それ以外のラインは、社内で復旧させるという内容。

アドヴィックスは、「被害対象ラインは代替生産を検討中。代替先は、アイシングループを含め調整中」とコメント。

アドヴィックスの刈谷工場では、ブレーキブースター&マスターシリンダー、パーキングブレーキ、クラッチマスターシリンダー、ドラムブレーキ構成部品などを製造。主に、トヨタ自動車に納入している。

  • 森脇稔
  • アドヴィックスの刈谷工場
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ