【人とくるまのテクノロジー16】ハブステア採用の電動スーパーバイク、2017年に発売か…サイエッタ

モーターサイクル レスポンス

今年も「人とくるまのテクノロジー展」英国パビリオンはユニークな展示が色々あった。中でも、一番の存在感を放っていたのは黒いモーターサイクルだろう。NGSと呼ばれるプロトタイプは英国のベンチャー協賛グループ、ニッチビークルネットワークのプロジェクトとして開発されたもので、真っ黒なボディカウルからゴツいアルミのアームが伸びて前後のタイヤを抱え込む、独特の存在感あるフォルムが特徴的だ。

フロントサスペンションは一般的なテレスコピックではなくハブステアだ。まるで往年のGPレーサー、エルフMOTOを思わせるが、こちらは片持ちではなく、ハブを両側から抱え込むような門型のハブキャリアが与えられている。4輪車のダブルウイッシュボーンの変形とも言える形式だ。

他にもユニークな構造は盛り沢山のようで、3Dプリンティングを用いたボディカウルやカーボンファイバー製の軽量モノコックフレーム、新開発の画期的な電気モーター、エンジンの代わりに爆音を発生させるシステムなど、普通のバイクとは違い過ぎる仕様のようだ。

開発したサイエッタは電動スーパーバイクの草分け的存在で、マン島TTでは2009年にTTXGP(ゼロエミッションモーターサイクルクラス)で優勝し、英国TTXGPの2010年シリーズチャンプ、2014年の欧州電動バイク選手権MOTO-Eでも勝利を収めている実力を誇る。

NGS(ニュー・ジェネレーション・サイエッタ)は、これから様々なテストを経て信頼性、耐久性を確認し、2017年中には100台限定で販売する予定だとか。いよいよ電動モーターのスーパーバイクが街を走る時代が到達しそうだ。

  • 高根英幸
  • フロントサスペンションは両持ちのハブステア、ホイールもカーボンファイバー製だ《撮影 高根英幸》
  • リアのスイングアームは当初計画はパイプのトラス構造だったが、現在はアルミのキャスト成型のようだ《撮影 高根英幸》
  • デザインしたのはサイエッタのシニアデザイン・エンジニア、ナイジェル・リーパー。ティレルやロータスF1マシンに携わり、スズキのGP500レーサーのカーボンモノコックをデザインした経歴もつ人物だ。《撮影 高根英幸》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ