5月の新車総販売台数は1.2%減と2か月ぶりマイナス

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6月1日に発表した5月の新車販売統計(速報)によると、総販売台数は前年同月比1.2%減の33万1592台となった。

燃費不正の影響で軽自動車が大きく落ち込んで足を引っ張り、3月以来2か月ぶりのマイナスになった。このうち登録車は6.6%増の22万3758台と、2か月連続で増加した。

一方で軽自動車は、三菱自動車工業に続き、軽が主力のスズキも燃費データ測定の不正が明らかになった。このため、5月は14.3%減の10万7834台と大幅に減少した。軽のマイナスは2015年1月から17か月連続。

軽の主力乗用車が4月下旬から販売停止となっている三菱自は、5月の軽販売は75.0%減の912台だった。同様に日産自動車は76.8%減の3105台となり、ともに前年同月実績のほぼ4分の3が失われた。5月18日に不正が明るみになったスズキの5月の軽販売は15.4%減の3万8094台。ライバルのダイハツ工業が5.4%伸ばしたのと対照的になった。

  • 池原照雄
  • 三菱 eKワゴン
  • スズキ ハスラー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ