BMW 7シリーズ 新型に最強ディーゼル…4個のターボで過給

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは5月17日、欧州向けの新型『7シリーズ』に、「750d xドライブ」グレードを設定すると発表した。

同グレードは2012年5月、欧州仕様の先代7シリーズに投入。パワフルなトリプルターボディーゼルを搭載していた。新型7シリーズの750d xドライブでは、ターボを1個増やし、合計4個のターボで過給する。

新しい750d xドライブの心臓部には、3.0リットル直列6気筒ディーゼルエンジンが収まる。4個のターボチャージャーで過給され、最大出力400hp、最大トルク77.5kgmを引き出す。

先代の最大出力381hpに対して19hp、最大トルク75.5kgmに対して、2kgmの上乗せ。BMWによると、BMW史上、最もパワフルなディーゼルエンジンになるという。

トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WDの「xドライブ」。強力なターボディーゼルを得た750d xドライブは、7シリーズの重量級ボディを、0-100km/h 4.6秒で加速させる。この数値は、先代比で0.3秒の短縮。

それでいて、欧州複合モード燃費は17.5km/リットル、CO2排出量は149g/km。パフォーマンスと環境性能を両立している。

  • 森脇稔
  • BMW 7シリーズ 新型
  • 4個のターボで過給される3.0リットル直列6気筒ディーゼル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ