【メルセデスベンツ SLC】上野社長「機能性や走行時の快適性をさらに向上」

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は6月2日、2シーターオープンモデル『SLC』を発売した。『SLK』の後継モデルで今回の改良を機に名称も一新した。価格は530万〜970万円となっている。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日都内で開いた発表会で「新型SLCは新型SL同様、走行中にバリオルーフの開閉が可能になるなど機能性や走行時の快適性をさらに向上することができた」と紹介。

さらに「今回のモデル導入により、メルセデスのロードスターを表すSLと車格を表すCを組み合わせたSLCへと刷新した」と名称変更の経緯を語った。

また独ダイムラー社でエクステリアデザイン シニアマネージャーを務めるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥヴナー氏は「トップを閉じた状態ではキャビンは非常に小さく見えるが、ボディはフラットで低い。そしてリアの曲線はこの車が後輪駆動であることを強調している。またトップを開けると車全体がより長く伸びてフラットな形になるが、コンパクトさは変わらずデザイン哲学をきちんと反映している」と解説した。

  • 小松哲也
  • メルセデスベンツ SLC《撮影 小松哲也》
  • メルセデスベンツ SLC《撮影 小松哲也》
  • メルセデスベンツ SLC《撮影 小松哲也》
  • メルセデスベンツ SLC《撮影 小松哲也》
  • 独ダイムラー社エクステリアデザイン シニアマネージャー アヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥヴナー 氏《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ