三菱自動車、2015年度のリサイクル実績…3億2124万円の黒字

業界 レスポンス

三菱自動車は6月1日、自動車リサイクル法に基づき、2015年度(2015年4月〜2016年3月)の使用済自動車の再資源化などの実績を公表した。

2015年度の実績は、自動車シュレッダーダスト(ASR)の引取り量は24万8386台、3万8477トンで、このうち3万7505トンを再資源化。再資源率は97.5%となり、2015年度の法定基準値70%を達成した。

エアバッグ類は、15万8831台(44万9380個)を引取り、再資源化率は93.3%で、法定基準値85%を達成した。フロン類の引取りは21万4638台、5万4961kgとなり、適正に処理した。

再資源化などに要した費用総額は19億4235万円。資金管理法人から払い渡しを受けた預託金総額は22億6359万円となり、全体収支は3億2124万円の黒字となった。2004年度からの累計収支は14億5100万円の黒字となり、三菱自動車では、今後の新型車についても再資源化処理コストの低減を継続し、リサイクル料金負担の低減を図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ