【人とくるまのテクノロジー16】3日間合計の来場者数8万7375人

業界 レスポンス

自動車技術会は、5月25日〜27日の3日間、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催した「2016年春季大会<人とくるまのテクノロジー展・学術講演会>」の概要を発表した。

最新技術のショーケース「人とくるまのテクノロジー展」には、過去最多となる538社・1155小間の出展があった。

今年の主催者特別企画では、「いつまでも、くるまにワクワク、ドキドキ、ときめきを」をテーマに、自動運転が当たり前の時代を展望したとき、「走る・曲がる・止まる」といった運転の楽しさはどうあるべきか、それを実現するための技術とはどのようなものなのかについて、展示と講演で紹介した。

自動車技術者・研究者が最新の研究成果を発表する「学術講演会」では、96セッション・442編の論文発表があった。

また、同時に開催した電気自動車と自動車用パワーエレクトロニクス分野の国際会議「EVTeC & APE Japan 2016」には、98編の論文発表があった。

来場者数は「人とくるまのテクノロジー展」は3日間合計で8万7375人と前年を約450人上回った。学術講演会は5981人が来場した。

  • レスポンス編集部
  • 日野は、衝突被害を軽減させるPCSを初搭載した小型トラック『デュトロ』を展示(人とくるまのテクノロジー展2016横浜)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • デュアルジェットエンジンと組む新型ハイブリッドシステムや、0.8リットル2気筒ディーゼルエンジンなどを展示したスズキ(人とくるまのテクノロジー展2016横浜)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 体感展示として2系統電動パワーステアリングやハーモニアス・コミュニケーション・コックピットなどを公開したデンソー(人とくるまのテクノロジー展2016横浜)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • エッチ・ケー・エスは、駆動力に電動モーターを採用したスーパーチャージャを初披露(人とくるまのテクノロジー展2016横浜)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ