マツダ、台湾での委託生産を終了…7月から輸入車販売に

業界 レスポンス

マツダはこのほど、台湾での委託生産を終了。これに伴い、7月から現地販売のマツダ車の全てが、輸入車になる。

マツダは1959年、台湾におけるマツダ車の販売を開始。1998年からは、フォードモーターの販売子会社「Ford Distribution Taiwan Ltd」を通じて販売、カスタマーサービスなどの販売関連業務を行ってきた。

2014年7月、台湾に販売統括会社「MAZDA Motor Taiwan」を設立。マツダが主体となってブランド戦略や販売戦略などを立案・実行することによって、台湾における販売拡大を目指してきた。

今回マツダは、フォードモーターなどとの合弁会社、福特六和汽車に一部を委託していた『アクセラ』の現地生産を終了。7月からは、台湾で販売するマツダ車は、全てが輸入車になる。

マツダは台湾において、アクセラの他に、『デミオ』、『アテンザ』、『CX-3』、『CX-5』、『ロードスター』の合計6車種を販売している。

  • 森脇稔
  • マツダ CX-5(写真は日本仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ