三菱ふそう、中東クウェート市場に新型トラックを投入

業界 レスポンス

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)として協業するDICV社のオラガダム工場で生産したFUSOブランドの中型トラック「FA」「FI」、大型トラック「FJ」をクウェート市場に投入開始した。

新型FUSOのラインアップは、2015年11月にUAE(アラブ首長国連邦)へ投入したのを皮切りに、カタール、サウジアラビアなど、中東各国に順次投入。耐久性と燃費性能ですでに高い評価を得ている。

クウェートは現在、石油依存から脱却し産業多角化を推進、またインフラ更新も進めている。同社は積載量3〜18トンの荷台付トラックから総重量40〜49トンまでのトラクターと幅広いラインアップを提供し、顧客層の拡大と産業発展への貢献を目指す。

FUSOラインアップは現地販売会社のMaseelah Trading Companyを通じて販売。クウェートは小国ながらもきめ細かく配置した16か所のサービス拠点で、稼働率を高める質の高いサービスを提供していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ