VW ゴルフ GTI、恒例のワンオフモデルは400馬力の「ハートビート」

新車 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは5月上旬、オーストリアで開催された「GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー」において、『ゴルフGTI ハートビート』を初公開した。

GTIミーティング・アット・ヴェルターゼーは、今年で35回目。欧州最大規模のフォルクスワーゲングループのファン感謝イベント。フォルクスワーゲングループから、フォルクスワーゲン、アウディ、セアト、シュコダなどの各ブランドが参加。オーストリアの会場には、欧州から多くのファンが集まり、盛り上がりを見せる。

ここ数年、フォルクスワーゲンはGTIミーティング・アット・ヴェルターゼーに向けて、ワンオフモデルを製作。今年もフォルクスワーゲンで働く20-26歳の職業訓練生(インターン)が、最新の『ゴルフGTI』をベースに、カスタマイズを手がけた。インターンは、男性7名、女性5名の合計12名で、2015年の秋からプロジェクトに着手した。

そして、およそ9か月を要して完成したのが、ゴルフGTI ハートビート。そのハイライトは、エンジン。各部のチューニングによって、最大出力は400psを獲得する。ベース車両の『ゴルフGTIパフォーマンス』の230psに対して、170psのパワーアップを果たした。

「ハートビート」の名に相応しく、サウンドシステムにもこだわる。出力1360Wの7スピーカーオーディオを装着。また、バケットシートは、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースの市販FF車最速記録を打ち立てた『ゴルフGTIクラブスポーツS』用を装備している。

  • 森脇稔
  • VW ゴルフ GTI ハートビート
  • VW ゴルフ GTI ハートビート
  • VW ゴルフ GTI ハートビート
  • GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー
  • GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー
  • VW ゴルフ GTI ハートビート
  • GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ