【MotoGP 第7戦カタルーニャ】サロムの事故死を受け、急きょコースレイアウトを変更

モータースポーツ レスポンス

MotoGPをプロモートするドルナは3日、Moto2クラスのフリー走行2回目で発生したルイス・サロムの事故死を受けて、急きょ予選日以降のコースレイアウトを変更することを発表した。

現地時間の同日夕方にマルク・マルケスやアンドレア・イアンノーネなどMotoGPライダーの何人か呼ばれて安全対策委員会を開催。コースの路面状況などを見ながら、週末の協議が対応。その結果、予選日からF1で使用しているレイアウトに変更されることが決定した。

F1のレイアウトは事故が起きたターン12がより低速コーナーになり、直後がシケインになっていまる。またバックストレート終わりのターン10も鋭角のヘアピンに変更された。

MotoGPでは2年前のテスト走行時に使用したことはあったがレースでは初めて。また急きょの変更ということもあり、現地時間の4日に開催予定のフリー走行3回目では各クラスともに時間を延長して行うとのことだ。

なおドルナはサロムの家族とも話しをしており、彼らの同意もあって週末のレースを続けるとのことだ。

  • 吉田 知弘
  • サロムの事故死をうけコースレイアウト変更《画像 GettyImages》
  • 昨年のカタルーニャGPスタートシーン《画像 GettyImages》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ