日立、経営判断する人工知能の開発に成功

業界 レスポンス

日立製作所は、賛否が分かれる議題に対し、大量の日本語記事を分析して賛成・反対双方の立場から根拠や理由を伴った意見を日本語で提示する人工知能の基礎技術開発に成功した。

日立では、企業の経営判断を支援するため、大量の英語記事を分析して英語で意見を提示する人工知能の基礎技術を開発してきた。従来の技術では、英語特有の文法をプログラミングし、それを元に根拠や理由にあたる文を抽出していた。

このため、日本語を含む他の言語へ展開する際は、それぞれの言語に対応する専用プログラムを作成する必要があり、展開が難しかった。

今回、ディープラーニングを用いることで、言語に依存せずに議題に対して関連性の高い根拠文・理由文を識別することが可能となり、課題を解決した。

具体的には、数千の記事に対して、根拠や理由を表す文を抽出し、学習させることで、人工知能システムは記事から法則やパターンを自ら導き出し、根拠文・理由文を識別する。また、ニュース記事や調査報告書など、文章中のどの語句に注目すべきかを推定しながら学習する、注目箇所推定機能をディープラーニングに追加した。これによって、議題や価値概念に関連する語句など、注目すべき箇所を的確に捉えることができるようになったとしている。言語に依存せずに議題に対して関連性の高い根拠文・理由文の識別が可能。

今回開発した技術は、意見を提示する人工知能システムを多言語で活用していくための基礎技術となる。今後も研究開発を推進し、グローバルに企業の経営判断を支援する人工知能システムの実現を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ