オムロン、ドライバー運転集中度センシング技術を搭載した車載センサーを開発

テクノロジー レスポンス

オムロンは6月6日、運転手の状態をリアルタイムに判定する「ドライバー運転集中度センシング技術」を搭載した、世界初の車載センサーを開発したと発表した。

ドライバー運転集中度センシング技術は、オムロン独自の高精度な画像センシング技術に最先端のAI技術「時系列ディープラーニング」を組み合わせ、運転手が運転に適した状態かをリアルタイムにレベル分けして判定する新技術。従来、運転手の状態を把握するには、複数のカメラやセンサーを組み合わせる必要があったが、新技術では「局所的な顔映像」と「大局的な動作映像」の2つの映像として処理することで、さまざまな運転手の状態をコンパクトなカメラ1台で判定できるという。

カメラやセンサーから得た各種データは、時系列ディープラーニングで解析。高速道路の自動運転時は「どれくらいの時間で運転に復帰できるか」を基準に「運転復帰レベル」として、手動運転時は「どれくらい安全に運転を行える状態か」を基準に「危険度レベル」として、リアルタイムにレベル別に判定する。新技術により、運転手の状態に合わせた制御が可能となり、自動運転と手動運転の切り替えや、運転手の異常発生時の停車など、先進的な安全運転支援が可能となる。

また新技術では、画像処理量を低減したことで、時系列ディープラーニングの大規模サーバーシステムへの接続を不要とし、車内で完結したシステムを実現。既存車への後付けや、低価格帯の車への搭載にも対応する。オムロンでは新技術を搭載した車載センサーについて、2019年〜2020年に発売される自動運転車などへの採用を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ドライバー運転集中度センシング技術による運転復帰レベルの判定例
  • ドライバー運転集中度センシング技術による危険度レベルの判定例
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ