【MotoGP 第7戦カタルーニャ】Moto2クラス、中上貴晶が今季初の表彰台

モータースポーツ レスポンス

2016年のMotoGP第7戦カタルーニャGP。Moto2クラスの決勝で中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)が3位表彰台を獲得した。

4番グリッドからスタートした中上は、序盤こそ7番手まで後退してしまうが、その後着実に順位を上げ17周目にトーマス・ルティ(Garage Plus Interwetten)をかわし3番手に浮上。そのまま最後まで走りきりチェッカーフラッグ。昨年第13戦サンマリノGP以来、今季初となる3位表彰台を獲得した。

なおレースはヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)が今季3勝目を飾り、2位に入ったアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)がMoto2ランキング首位をキープしている。

中上はレース後にコメントを発表。「初日はとてもいいフィーリングでトップタイムでしたが、コースが変わってからは、それほどいい感触ではありませんでした。予選は4番手でしたが、決勝ではトップ10に入るのがやっとかな、という手応えでした。しかし、朝のウォームアップですごくいい状態になり、決勝でも落ち着いて走れました。序盤はポジションを落としましたが、しっかり自分のペースで走れたし、(トーマス)ルティに追いついてからは、絶対に表彰台に立とうとがんばりました。次のアッセンでもいいレースができるようにがんばります。今日の表彰台は、スペイン選手権時代から一緒に戦ってきたルイス・サロム選手に捧げたいです」と語った。

  • 吉田 知弘
  • 2016Moto2第7戦カタルーニャ決勝《画像 GettyImages》
  • 2016Moto2第7戦カタルーニャ決勝《画像 GettyImages》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ