マツダ、排ガス触媒の貴金属低減へ兵庫県立大と共同研究

業界 レスポンス

マツダと兵庫県立大学は6月7日、世界最大級の大型放射光施設「SPring-8」を活用した材料開発研究を共同で実施すると発表した。

共同研究のテーマは「微細複合材料の放射光分析法の研究」。放射光による分析手法を活用し、自動車の実走行に近い状態の温度下で、材料のナノスケールレベルの構造分析を行うなどの取り組みによって、これまで解明されていなかった材料物性発現のメカニズム解明を目指す。

研究期間は2016年度から2025年度までの10年間。今回の研究により、自動車触媒における貴金属材料の使用量低減や新規高分子材料の開発などの成果が期待できるという。

マツダは、共同研究により、「すぐれた環境安全性能」と「走る歓び」を両立したクルマをグローバルに広く提供し、さらなる省資源化や地球環境保護への貢献を目指す。また兵庫県立大学は、共同研究を通じて、新材料の開発による環境負荷の低下を目指すとともに、同大学が保有する放射光、計算科学並びに材料工学の各科学技術研究基盤を融合させた研究体制を産業界と共同で構築し、産業界のものづくり技術革新を支えていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 兵庫県立大学 放射光実験施設 BL24
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ