【ポルシェ 718ボクスター】「エントリーモデル」との決別、乗って楽しいという価値伝えたい

新車 レスポンス

ポルシェジャパンが発表した新型ミッドシップオープンカー『718ボクスター』は、これまで以上に幅広いユーザーにアピールしていきたいという。

メルセデスベンツ『SLC』、BMW『Z4』、アウディ『TT』をはじめ、レクサス『RC F』や、日産『GT-R』も競合ととらえている新型718ボクスター。それらに対し優位に立っているポイントについて、同社マーケティング部マーケティングコミュニケーショングループの松岡直紀さんは、「もともと我々のクルマ作りはスポーツカーからスタートしている。ミッドシップのスポーツカーを作るノウハウも持っているので、いわゆるアジリティ面では負けてはいない」という。

更に、今回4気筒ターボエンジンを搭載したことで、低回転からトルクが出るようになった。松岡さんは、「街中でもきびきび走ることが出来、意のままに操れる感覚は、先代“981”と比較して進化をしている。サーキットに行って楽しむだけのクルマというよりは、日常でもスポーツを感じてもらえるクルマに仕上がっている」と街中での走りにも自信を見せる。

現在、ポルシェのユーザーは大きくスポーツカーユーザー、SUVユーザー、サルーンユーザーの3つに分けられ、特にスポーツカーユーザーのボリュームが一番大きい。そこにプラスして「新規ユーザーに購入してもらいたい」というねらいがある。「過去『911』の傘の中のエントリーゾーンとしてボクスターがあった。911はリアエンジン、リアドライブで、ボクスターはミッドシップという全く違うレイアウト。にもかかわらずエントリーモデルという位置づけだったのでそこから決別する」という。

これまでは「ポルシェが“絶対”というユーザーに購入してもらえていた。718ボクスターはそこにプラスして、クルマは“乗って楽しい”という価値を認めてもらえる方にまで広めていく」と松岡さん。「これから行われるさまざまなマーケティング活動を通じて、乗って楽しいという我々の価値を伝えていく。絶対的な速さだけではなく、乗って意のままに操れる楽しさを感じてほしい」と語った。

  • 内田俊一
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ