マクラーレン 675 LT に限定25台の「MSO」…カーボン4割増し

新車 レスポンス

英国の高級スポーツカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは6月7日、マクラーレン『MSOカーボンシリーズLT』を発表した。

同車は、2011年に設立された「MSO」(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が、開発を担当。MSOは、個性的な1台を求める顧客の要望に応じて、カスタマイズを行う部門。MSOカーボンシリーズLTは、世界限定25台が販売される。

ベース車両は、『675 LTスパイダー』。2016年春、ジュネーブモーターショー16で発表されたマクラーレン『P1』のワンオフモデル同様、「カーボンファイバー」をテーマにカスタマイズを施した。

MSOカーボンシリーズLTでは、ベース車両の675 LTスパイダーに対して、ボディパネルなどのカーボンファイバーの使用面積を、およそ40%拡大。さらに、グロス仕上げとした。

具体的には、フロントバンパー、リップスポイラー、フロントアンダーボディ、サイドスカート、サイドインテーク、リアフェンダー、リアバンパー、ディフューザー、リアスポイラーなどをカーボンファイバー化している。

  • 森脇稔
  • クラーレン MSOカーボンシリーズLT
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ