ルノー ルーテシア にF1モチーフの「R.S.16」…2.0ターボは275馬力

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーの高性能車部門、ルノースポールは5月下旬、F1モナコGPの舞台において、『クリオR.S.16』を初公開した。

同車は、ルノースポールの40周年およびルノーのF1復帰を記念して開発されたコンセプトカー。車名は、ルノーの2016年シーズンのF1マシン、『R.S.16』にちなんだもの。『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)の高性能バージョンを提案する。

そのハイライトは、エンジン。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、ルノースポールのチューニングにより、最大出力275hp、最大トルク36.7kgmを引き出す。

エンジンの高性能化に合わせて、「Akrapovic」のツインエグゾーストを装着。サスペンションにも、専用チューンが施された。ルノースポールの公道仕様として、史上最高のパフォーマンスを追求する。

外観は、全幅を60mm拡大し、19インチのタイヤ&ホイールを収めた。エンジンの冷却性能を引き上げる改良も実施。ボディカラーはルノースポールのイメージ色のリキッドイエローで塗装。F1マシンをモチーフに、ドアミラーなどをグロスブラックで仕上げている。

  • 森脇稔
  • ルノー クリオ R.S.16
  • ルノー クリオ R.S.16
  • ルノー クリオ R.S.16
  • ルノー クリオ R.S.16
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ