ボッシュのeCallサービス、日本で完成車メーカー向けに提供へ…16年末

業界 レスポンス

ボッシュは6月8日、eCall(自動緊急通報)サービスの提供を2016年末から日本市場でも乗用車メーカー向けに開始することを明らかにした。

ボッシュはすでにクラウドベースのeCallサービスを欧州を中心とした完成車メーカーに対して提供を行っている。ボッシュ日本法人でカーマルチメディア部門の部門長を務める水野敬氏によると「ボッシュはeCallのための通信デバイスとネットワークのみならず、コールセンターの運営も手掛けている。すでに41か国でコールセンターサービスを展開している」という。

ボッシュのeCallサービスは「エアバッグを作動させるセンサーを通じて起動し、車両はeCallを介して、場所、時刻、走行方向など事故に関するデータをコールセンターへ送信し、オペレーターがドライバーにコンタクトし、必要に応じて警察や緊急車両への通報を行う」仕組みで、水野部門長は「16年末から日本でもサービスの提供を開始する」と述べた。

また「eCallは新車購入時の装備だけではなく、も取り付け可能な製品でもあり、シガーライターソケットに挿入する後付けタイプのものも用意しており、あらゆる車に簡単に装着できる。専用のアプリケーションをインストールしたドライバーのスマートフォンとBluetoothで車両とつなげれば、衝突など強い衝撃を感知した際にはコールセンターに自動的につながり、車が危険な状況に置かれていることを知らせてくれる」としている。

  • 小松哲也
  • ボッシュ 年次報告記者会見《撮影 小松哲也》
  • ボッシュ日本法人 カーマルチメディア部門 水野敬 部門長《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ