NEDO、マレーシアで大型2階建てEVバスの実証実験を実施へ

エコカー レスポンス

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、マレーシアのプトラジャヤ市で重量の制約上これまでEV(電気自動車)化が困難とされていた大型2階建て(ダブルデッカー)EVバスシステムの実証を世界に先駆けて実施する。

今回の実証は、2015年度から実施している同市とのEVバスシステム実証事業の中で新たに開始するもの。

今回、同市の協力を得て、最適な容量の蓄電池搭載と10分間充電を実現する大電力充電技術により、ディーゼル並みの運行性能を持つ大型ダブルデッカーEVバスを開発し、世界に先駆けて同バス2台を用いたEVバスシステムを実証する。実証試験は、東芝、ピューズ、ハセテック、オリエンタルコンサルタンツグローバルの4社とマレーシアのバス運行会社PAPSBが共同で行う。

日本の技術を活用して現地企業とも連携しながら、同市の都市交通システムの効率向上によるスマート化を図るとともに、事業をショーケース化することで、マレーシアがASEANのEVハブとなることに寄与、都市交通パッケージ事業の広域展開を目指す。

NEDOは、同市と基本協定書を2015年7月に締結し、超急速充電システムや蓄電池の長寿命性能など、EVバスシステムの実証事業を2015年度から実施している。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ