【ポルシェ 718ボクスター】伝説的モデルの魂受け継ぎ、最も優れたボクスターに

新車 レスポンス

ポルシェジャパンから発表された『718ボクスター』は、伝説的なミッドシップスポーツカー『718』のフィロソフィーを受け継いだモデルである。

初代ボクスターが市販されたのは1996年。「開発においてはポルシェの伝統と、革新的なテクノロジーが組み合わされた」と述べるのは、ポルシェジャパン広報室PRマネージャーの木内洋治氏だ。その一例は、ミッドシップロードスターであるポルシェ『550』を手本としたリアアクスル前方に搭載されたエンジンレイアウト。そこに初代ボクスターは、ポルシェにとって初めての水冷式水平対向6気筒エンジンが採用されていた。

この“ボクスター”というモデル名について木内氏は、「水平対向エンジンを意味する“ボクサー”と、“ロードスター”を掛け合わせたものだ」という。そして、718ボクスターは、「この2つの基本的要素こそ変わらないが、水平対向エンジンは、オリジナルの『718』がその先代である550から受け継いだように4気筒になった」と説明。

ポルシェ550と718は1950年代から60年代にかけて、モータースポーツシーンで1000を超える優勝をポルシェにもたらした。特に550はポルシェが初めて手掛けた市販のミッドシップレーシングカーで、「ポルシェの歴史においても、最も有名な1台である」と木内氏。1956年には550Aスパイダーが、ロードレースのタルガ・フローリオで優勝。550Aスパイダーの後継モデル、718RSKは、その輝かしい戦績も受け継ぎ、ル・マン、ニュルブルクリンクなど世界各国のレースで勝利を重ねた。

木内氏によると、「これらの勝利には、当時最強を誇った4気筒エンジンが大きな役割を果たしている。718のエンジンは現在の技術的な視点から見ても優れたものだ」と述べる。フラット4エンジンはデュアルイグニッション、4オーバーヘッドカムシャフトを備え、最高出力は1.5リットルながら142馬力を誇った。そして、「この伝説的なミッドシップスポーツカー718のフィロソフィーを受け継いだニューボクスターは、歴代ボクスターの中で最も優れたモデルだ」と語った。

  • 内田俊一
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスターと718RSK《Porsche archive》
  • ポルシェ 718 RSK Spyder《Porsche archive》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ