フィスカー カルマ に コルベット のV8…ディスティノ、量産第一号車を納車

新車 レスポンス

米国の自動車ベンチャー企業、VLFオートモーティブは6月6日、新型スポーツカー『ディスティノ』(DESTINO)の量産第一号車を納車した。

VLFオートモーティブは2012年、元GM副社長で、シボレー『ボルト』の開発を主導したことで知られるボブ・ラッツ氏が、実業家のギルバート・ビレリアル氏らと立ち上げた自動車ベンチャー企業。その第一号車として2013年1月、デトロイトモーターショー13で発表されたのが、ディスティノ。

ディスティノは4ドアのスポーツカー。そのデザインは、米国フィスカーオートモーティブのプラグインハイブリッド(PHV)4ドアスポーツ、『カルマ』に似ている。このプロジェクトには、フィスカー創業者のヘンリック・フィスカー氏も協力しており、ディスティノはカルマをベースに開発された。

カルマとの最大の違いは、パワートレイン。PHVシステムを降ろし、GMの先代シボレー『コルベット』の最強グレード、「ZR1」用のLS9型V型8気筒ガソリンエンジンに載せ替えた。6.2リットルV8スーパーチャージャーは、最大出力638hpを引き出す。

6月6日、VLFオートモーティブは、ディスティノの量産第一号車を納車。同社の創業者のひとり、ボブ・ラッツ氏に、シルバーボディの1台が引き渡されている。

  • 森脇稔
  • VLオートモーティブのディスティノ レッド
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ