【ポルシェ 718ボクスター】4気筒ターボエンジンは「高効率の見本」

新車 レスポンス

ポルシェジャパンから発表された『718ボクスター』は、2リットル300馬力のボクスターと、2.5リットル350馬力のボクスターSの2モデルが導入される。価格は658万円から。

この2つの718ボクスターのパワーに共通しているのは、「ともに先代モデルと比較し35馬力、出力が増えていることだ」とは、同社広報室PRマネージャーの木内洋治氏の弁。

また、このエンジンはパワーとともに燃料効率にも優れており、先代比で最大13%燃費が向上している。特にボクスターSでは「バリアブルタービンジオメトリー(VTG)がウエストゲートとともに採用されていることが特徴だ」と話す。VTGは、タービンのアジャスタブルガイドベーンが、小型と大型のターボチャージャー両方のメリットを兼ね備えるように機能する。その結果、低回転域で抜群の応答性を発揮し、極めて高い最高出力を生み出すという。

このVTGは「718ボクスターS以外で採用している唯一の市販車は『911ターボ』だ」と木内氏は語った。

718ボクスターの0-100km/h加速はわずか4.7秒。最高速度は275km/h。同ボクスターSではそれぞれ4.2秒、285km/hだ。

  • 内田俊一
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
  • ポルシェ 718ボクスター《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ