米国の新興EVメーカー、元フェラーリ重役を役員に起用

業界 レスポンス

米国のファラデー・フューチャー(Faraday Future)社は6月9日、元フェラーリの重役、マルコ・マティアッチ氏を役員に起用すると発表した。

ファラデー・フューチャー社は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く新興企業。米国ラスベガスで1月に開催されたCES16において、『FF ZERO1コンセプト』を初公開し、話題を集めた。

FF ZERO1コンセプトは、EVスポーツカーの未来形を提示した1台。EVパワートレインは、4個のモーターで構成。そのトータルパワーは、1000hp以上と驚異的。軽量なカーボンファイバー複合素材製ボディの効果もあり、0‐96km/h加速3秒以下、最高速320km/h以上のパフォーマンスを実現している。

マルコ・マティアッチ氏は2006-2010年、フェラーリのアジア太平洋部門の社長兼CEOを務めた人物。2010-2014年には、フェラーリの北米部門の社長兼CEOに。2014年4月、スクーデリアフェラーリのチーム代表に就任してワンシーズンで、フェラーリを去った。

ファラデー・フューチャーは今回、マルコ・マティアッチ氏を役員に起用すると発表。同氏がグローバル規模で、ブランド、マーケティング、広報、営業などを担当していく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ