日産 坂本副社長「2020年ごろ法人向けに商品化」…エタノール燃料のFCV技術

新車 レスポンス

日産自動車の開発部門を担当する坂本秀行副社長は6月14日、横浜市の本社で新たな燃料電池車(FCV)の技術説明を行った。

このシステムは植物由来のバイオエタノールを水素に改質し、その水素で発電した電気でモーターを駆動する仕組み。水素をタンクに搭載する現行のFCVに比べ、改質器が必要になるが、発電装置のFCスタックにプラチナなどの高価な希少金属が不要であり、「普通の安い材料を使える」(坂本氏)という。

エタノールもブラジルなどを中心に自動車の燃料として、供給インフラは整備されている。坂本氏はこのFCVについて「2020年ごろにフリート(法人)向けに商品化を目指していく」との目標を示した。また、「今年の夏には実際に皆さん(報道関係者)に乗っていただく」とし、近く商用車の試作モデルを披露する計画も明らかにした。

  • 池原照雄
  • 日産 坂本副社長「2020年ごろ法人向けに商品化」…エタノール燃料のFCV技術
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ