【ジャガー F-PACE】ジャガー初のSUVは「究極の実用的なスポーツカー」

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月13日よりジャガー初のSUV『F-PACE』の本格受注を開始した。それに伴い、横浜赤レンガ倉庫(神奈川県横浜市)において、“THE JAGUAR WEEK”を19日まで開催する。

F-PACEという名前について、同社マーケティング・広報部ディレクターの若林敬市氏は、「ジャガーブランドが創設されたときの理念は、Grace Pace and Space(優雅さ、速さ、広さ)だ。この広さを兼ね備えたSUVモデルにあえて速さを意味するPaceをつけている」と述べる。『F-TYPE』などのスポーツカーは“TYPE”という名称がつくように、SUVは今後“PACE”を名乗る。

なぜSpaceではなくPaceとしたのか。若林氏は、「我々のタグラインはTHE ART OF PERFORMANCE。ジャガーはパフォーマンスを大事にしていることからあえて、PACEとした」と説明する。

更に、F-PACEは「究極の実用的なスポーツカーだと定義し開発した」と若林氏。「従って、見た目、乗った感じ、座り心地すべてがスポーツカー、F-TYPEを彷彿させるものに仕上がっている」と述べた。

日本へは2リットル直列4気筒ディーゼルターボと、3リットルV6ガソリンスーパーチャージャーエンジンが導入される。価格は639万円から。

F-PACE導入により、新生ジャガーのフルラインナップが一通り出揃ったことになる。これに伴い6月19日まで、横浜赤レンガ倉庫において、ジャガー・ジャパン史上最大規模のイベント、“THE JAGUAR WEEK”が開催される。

ここでは、F-PACEをはじめとした新生ジャガーが一堂に展示されるほか、実車の試乗、イギリスのカルチャーが体験できるポップストアなどが出店される。そして、F-PACEが大きな球体の中を駆け巡る、ウォールドライブを日に数回開催する予定だ。

また、18日にはフィナーレイベントも同開場にて開催される。

  • 内田俊一
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • THE JAGUAR WEEK《撮影 内田俊一》
  • THE JAGUAR WEEK《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ